BeNasu那須高原の歩き方
BeNasu 那須高原の歩き方

gif

那須高原の天気予報  Weather forecast in Nasu-kogen

gif

ヤフー 那須町の天気
Yahoo Japan
Yahoo-天気
JWA一般財団法人 日本気象協会 那須岳(百名山) 日本気象協会の那須岳天気予報
那須岳(百名山) 日本気象協会の那須岳天気予報

gif

那須野ヶ原の大自然

故郷那須の自然、観光や歴史ある名所、農業を紹介します。

gif



私達のふるさと那須を象徴するものは那須岳(茶臼岳)です。

その那須茶臼岳頂上から直線距離で、那須町伊王野の道の駅「東山道伊王野」まで26Km弱ぐらい、福島県下郷の「大内宿」まで25Km弱という、平らな地図を見ていただけではわからない那須を紹介したいと思います。

地球は丸いです、モニター画面のように平面ではありません。

世界中瞬時にインターネットで情報を得られる世の中にはなりましたが、本当にその場所に立ってみないと分からないことは多いものです。

私は観光業界とは縁もゆかりもありませんが、那須の大地に二本足で立っている人間として、私の生まれ故郷を紹介したいと考えています。
既存の括りに縛られることなく、阿(おもね)ることもなくが制作にあたってのポリシーです。

何のしがらみも私にはありませんから、観光施設と観光業界のWin-Winの両者だけが得をするような観光文学だけではなく、個人レベルではありますが、那須で育った人間の一人として、子孫に残したい「ふるさと」であるとか、環境、農業といった地元の目線で見た風土の本質的な情感を伝え、那須高原の歩き方を提供できたらいいなと思っています。

この地域には素晴しい自然があります。

地域経済の将来を考えた時、農業と観光のコラボレーションは、那須及び当エリアでこれから益々重要な鍵となると個人的に思っています。

国土交通省によれば2050年には6割以上の場所で人口が半分以下になり、2割では無住居化が起こるといわれております。
現在25歳の人が60歳になる年ですから、そんなに遠い未来ではありません。
単なる既存の観光だけに頼るのは難しい人口になってしまいます。

観光する人口が限られる以上、どこかに観光にいけば、その分どこかの観光地に行く人口が減るという、全体的な観光業はゼロサム社会になってしまう危惧もありますから、地域の特色をどれだけ活かせるかに活路があると個人的には思っています。


三本槍岳中腹にある中ノ大倉尾根のゴヨウツツジ大群生地を観光化したように、目前の利益はもちろん生きるため価値観を天秤にかけることは大切ですが、私達の子孫に残せるものの一つが那須の自然だと思います。

アイデアとやる気のある若者に参加してもらって、那須の自然と共存できる農業分野の複合的な産業転換を図っていかなくては、那須だけでなく日本の農業の未来は「非っ常にキビシ〜ッ!」と思います。
持続可能なナントカとかというのは役人がつくった「たわごと」です(EDの薬か)

まぁ、そんな地域農業に取り組む「ふるさと」の人々などを織り交ぜながら、ゆっくりと那須を紹介していきたい思います。

アテンションプリーズ

このサイトで取り上げています幻の米・両郷米が南極・昭和基地、南極地方観測隊の食料に選ばれたそうです。

トウモロコシ畑から見た那須連山

私は仕事の事(農業、百姓関係)で海外のサイトを年中見ております。

ほとんど欧米になってしまうのですが、那須高原や那須で出てくるのは、那須の大きなホテルや企業の英語のホームページだけです。

長い間見ていますと、最近はブログやTwitter(ツイッター)、またフェイスブック(Facebook)などのSNSサイトに代表されるように、気軽にインターネットで世界に情報を発信するようになってきました。

いろんな情報の中で感じた事は、欧米人の考えているリゾートと日本人の考えているリゾートとは意識的にも随分と開きがあるということ。
多分、京都のように日本の顔のような有名観光地は別として、欧米人が日本のごく一般的な地方のリゾートといわれる所に来てみたら相当とまどうと思います。

さすがに欧米には規模の全く違う自然や、長い休暇をとって、非日常的な徹底的なサービスを受けるという基本的な概念など、日帰りから長くても2〜3日の滞在が主なバブル時期に制定されたリゾート法にもとずいた日本人の意識とは、まだまだかなり事情が違います。

それと英語がほとんど通用しないリゾートなど彼らには理解できないでしょう。
これらの記事はいわゆるバックパッカーではなくて、ごく普通の旅行者の感想です。
欧米人などが那須に来た場合、なんといっても宿泊料の高額なことに驚いています。
もちろんケチをつけるつもりはありません、観光地ならどこでも大差ないと思いますので。

gif

ホテルエピナール那須の屋上からの那須連山の眺め

海外から旅行に来た人が一番見たいのは、やはり歴史のある所です。

地元の人もちょっと考えてしまう、田んぼの真ん中に生えている柳に(実は有名な歌枕の地で、西行法師と松尾芭蕉も訪れた遊行柳)とても感動したというドイツ人や、殺生石(英語では殺人ストーンと言われてます)の伝承をみて感動したイギリス人など、沢山の人達がまず歴史のある史跡を見たいと思っています。

フランス人だったと思いますが、予算に見合う宿がなかなかなくて、那須湯元の近くにある、お年寄り御用達などといわれている格安ホテルに泊まっていたく満足していました。

写真も載っていたのですが、アジの開きにごはん、お新香と味噌汁、最初はとまどいながら、世界最高というグルメ国の人間が喜んで食べていました。

そんな事を考えながら、お金だけ掛ける旅ではなくて、できるだけ歴史のある名所や、きれいな自然を観光できる場所、また妥当と思われる宿やレストランを主に紹介していきたいな〜などと思ってはおります。

ただ一つ近年那須はロイヤルリゾートと名乗っておりますが、地元の私は全然そんなものでは無いと思います。

ロイヤルリゾートというのは天皇陛下を連想させるワードとして、トランプでいえばオールマイティカードと同じで天皇陛下、那須御用邸をだされたら誰も反論できませんから観光地として努力しなくなってしまいます。

天皇陛下が来るから最高なんだという議論の上に成り立つものですから、日本人である以上議論はそれ以上進みません。
思考停止です。

はたして天皇陛下が来るから最高なのか、いったい最高の基準がなんなのかもわかりません。

これから那須が観光地として発展していくためには最高の基準がなんなのかを、どんなに田舎臭くてもいいからオリジナルを那須の人間なりに考え、商売に利用するための皇室におんぶにだっこの現況から脱却しなくては真の発展は望めないと私は思います。

そうしないと那須検定であるとか、第三セクターに代表されるような、オリジナリティのない他のパクリばかりで長続きしません。

(私のサイトはひとつの議論として申し上げているだけで、那須町の行政や観光に携わる方たちを批判するものではまったくありませんので誤解のないように御願いします。)

日本人はいいとしても何の事情もわからない海外の人達が「これが日本のロイヤルリゾートか」となった時に、笑われるのは那須町の町長でもなければ那須町でもなく、天皇陛下や皇室なのです。
ですから気の小さい私などは恐れ多くてロイヤルリゾートなどとは語れません。

「おもてなし」と言っても日本にくる観光客の大半は周辺国家の方々です。(中国、台湾、韓国)
海外からイエロージャーナリズムと揶揄されてもしかたのないような、欧米人だけの映像を大量に編集で造り上げらた絵をみせられて、その気にさせられているだけです。
大半の観光客である周辺国家の方々に、日本がロイヤル国家だと宣伝したら軋轢をうむだけですよね。
欧米から来られるる方は本当に少数なのです。

gif

私達の「ふるさと那須」はこんなところ

gif

那須で一番きれいなのは空です

那須は栃木弁を話す素朴な人々が、ちょっとゆるい時間の中で暮らす美しい高原です。

つか、いいか悪いかは別として、急ぎようにも那須にはそんなに急ぐことがない?

私は子供の頃から爽やかな風に吹かれるのが大好きです。

那須で一番おいしいのは空気です。

そして那須で一番きれいなのは空です。

恋は水色

 那須高原の空も水色です


なんといっても、旅行は計画している時が一番ワクワクして楽しいものです。

ご用とお急ぎでない方や、日本にもいろんな所があるもんだと、アハハハと笑いたい方はぜひ那須高原に来てみてください

皆様の旅が楽しいものになりますようにというのが、お金はないが、時間だけはタップリあるというこのサイトの願いです。

「俺たちに明日はない」の有名な銀行強盗「ボニー・パーカーとクライド・バロウ」が銀行に乗り込んで、実はこっそりと住宅ローン融資の申し込みをしてたような、「うおらぁ〜、うそじゃねえかよおっ!」 などと那須にきた人が「つまらない思いをしな いように」、 単なる「お国自慢」だけでなく、地元人(ネイティブ那須)としての 那須高原の歩き方や情報を提 供していけたらなとは思っています。(まあ意気込みだけですが)

那須高原の空の下でおもいっきり笑って、那須の風に吹かれながら、皆様それぞれの旅の答えを見出せていだけたら幸いです。     

gifgif

那須模範牧場

(那須町共同利用模範牧場)

gif

情報が膨大な上に、浅学で技術がへなちょこなので(写真が重いぞ!モバイルユーザビリティが悪いぞ!)とGoogleさんに御指摘を年中いただいており、お見苦しい点も多々あると思いますが、ほんのひとときでも、那須高原に思いを馳せていただけましたら幸いです。

バカが作っているサイトですから、基本的には「バカでもわかる那須高原」のはずなのですが、やっていると自分でも分かりづらくなってしまい「あーでもないこーでもない」とやってはおりますが、奮闘努力の甲斐もなく、今日も涙の日が落ちる状態でございます、おいおいできる範囲で改善に取り組むつもりではおります。

もうやめてしまおうと何度も思いました。
2年間の通算で何十万回かのページビューはあったようですが、ページ数が少ない上、ただ単に検索で出てクリックしたけど「何だかよくわかんねーぞ!」というのが大半だとは思っております。

その何十万人の中の唯一人だけ、「那須模範牧場はとても良い所そうなので是非いってみます」とメールを頂いた事があり、それがサイトを維持しているモチベーションになっています。

私のへなちょこサイトに唯一つ来たものですが、多分その一通のメールがなかったら、とっくに止めてしまっていたと思います。
とっても嬉しかったです、ありがとうございました。

もう一つは寅さんです。
ふるさとは離れてみて初めてありがたみがわかるもので、私も長い間ふるさとを離れていた時期があります。
私のex-wifeは東京の都心で生まれ育った所謂江戸っ子です。

私は彼女の実家に行くのが大キライでした。
何十、何百回と那須は栃木県だと言っても、行くたびに群馬県だ、茨城県だと言われて、女房の親でもなかったらぶっ飛ばしてやりたいぐらいでした。

そんな悔しい思いをした時に愚痴をこぼせる親類とて東京には誰もおらず、唯一思いついたのが葛飾柴又です。

途中の浅草にあった故郷の誉れであったビューホテルを、悔し涙で霞む目で眺めながら那須を思い出しました。

帝釈天の参道で良くひとり心のなかで「男はつらいよ」を歌ったものです。
寅さん、お世話になりました。
そんな故郷の思いからこのサイトを作っています。

gif

ここは有名な風の通り道、峰の茶屋です(想像を絶する強い風が吹くことがある「困ったちゃん」です。)

風速50mなどの風もめずらしくない、いくら風に吹かれるのが好きでも、ちょとこれはゴメンだね)


ダーバン、セ・レレガァ〜ンス・ソレ・ダ・ドコジャナーイ


それではいつか那須高原にお越しくださる日を楽しみにしております。

BeNasu那須高原の歩き管理人 那須塩原市 牧田恵寿 那須高原の朝

gif

那須岳火山防災マップ・ハンドブック

gif

那須茶臼岳は栃木県を代表するランドマークであり、唯一の活火山です。(Active volcano)
現在は安定した状態を保っておりますが、活火山である以上いつか噴火がおこることは、自然現象である以上避けがたい事実です。
那須は、1397年から1963年までに少なくとも9回歴史的噴火がありました。

「山体が崩壊するような壊滅的な噴火は数万年は無いだろう」というのが専門家の意見です。
しかし直近では御嶽山 (長野県)の例もありますから、万が一に備えることは大事なことです。
那須町で発表している那須岳火山防災マップ・ハンドブックを参考にしてください。

那須町公式ホームページ 那須岳火山防災マップ・ハンドブック

gif

那須のライブカメラ映像

gif 頻繁にURLが変更になりますので最初に栃木県リアルタイム雨量河川水位情報の下記のページにアクセスして確認してみてください。
※利用における注意事項(栃木県)
 この情報は、無人観測局から送られてくるデータを観測後直ちにお知らせする目的で作られています。
 そのため、利用目的以外の利用、または第三者への無断提示は法律により罰せられる可能性があります。
(県に確認しました処、画像などをホームページ、ブログやSNSサイト、また類似するようなものに許可なく本来の利用目的に沿わない意図で第三次利用したりすることは法的に禁止するという意味です。霞ヶ関文学は難しいですね。)


栃木県リアルタイム雨量河川水位情報
表示地域 那須町
gif
那須岳ライブカメラ
(町)那須大丸ライブカメラ
gif
那須大丸ライブカメラ

那須連山、ファミリースキー場、県営大丸駐車場の様子が確認できます。
(県)那須岳ロープウェイライブカメラ映像

gif
(県)那須岳ロープウェイライブカメラ映像

那須岳ロープウェイ付近の様子が確認できます。
(県)那須共同牧場ライブカメラ映像
gif
(県)那須共同牧場ライブカメラ映像

那須町共同利用模範牧場の様子が確認できます。
(町)峠の茶屋駐車場 ライブカメラ gif
峠の茶屋駐車場 ライブカメラ

峠の茶屋駐車場の様子が確認できます。
那珂川水系 那珂川 (県)晩翠橋ライブカメラ映像 (那須町高久) (県)晩翠橋ライブカメラ映像

ページのトップへ戻る



gif

更新情報 更新情報

gif

環境問題として那須と近隣の放射能について

皆様が那須にお越しになるのに気になる放射能について。
私のサイトで取り上げているのは那須町、那須塩原市、会津下郷町、白河市の2市、2町です。
各市町の公式な放射線量を参照してください。
各自治体で放射線量マップを作成しております。
判断は御自身でお願いいたします。
放射線量マップ
那須町公式ホームページ 那須町放射線量マップ
那須塩原市公式ホームページ 那須塩原市放射線量マップ
会津下郷町 公式な福島県の会津下郷町の放射能測定マップ
白河市公式ホームページ 震災関連情報 放射能について

東日本大震災から随分時間もたちました。
那須においても放射能の環境汚染と戦うのは容易ではありません。

昔は安全であることの例えとして「原子力発電」並ですよなどと表現したりしましたが、制御を失った原子力発電所がいかに危険で、絶対安全が単なる「神話」であったことを思い知らされました。

「ゴジラ」が絵空事ではなかったようなものです。

別荘族などは来なければ済むことですが、逃げ出しもしないで、復興と必死で向き合っている人間も沢山いることを忘れないでください。

「北の国から」で大滝秀治さん演じる北村 清吉が布部の駅で雪子(竹下景子さん)と純(吉岡秀隆さん)が「僕には北海道は合わないと思われ・・・」と東京に逃げ出すのを見送るシーンがあります。

汽車がくる時間を待つ布部駅前の食堂で、清吉が何人も麓郷から去る人を見送った時の、心の中で思った気持ちを雪子と純にトツトツと話だします。

「お前ら、いいか、負けて逃げるんだぞ。
20何年一緒に働き、お前らの「くるしみ」も「かなしみ」も「悔しさも」ワシぁはいっさい知っているつもりだ。
だから、他人にとやかくは言わせん。
他人に偉そうな批判はさせん。

「しかし、ワシには言う権利がある。」
お前ら、負けて逃げるんじゃ
ワシらを裏切って逃げ出していくんじゃ
そのことだけは、よーく覚えておけ」と中島みゆきさんの「ホームにて」がバックに流れる中言ったセリフが忘れられません。

gif

東野交通バス停及び時刻表検索

Comment se promener dans Nasu-Kogen
那須東野交通バス最新時刻表 那須東野交通バス最新時刻表
那須路線のバス停 アクセスのページを参照してください。

gif

ひどい混雑が予想される時期

gif

注目

県道305号線は一番簡単で効果のある渋滞回避路です。
那須で効果のある渋滞回避路 gif
渋滞回避路

那須 姥ヶ平 ひょうたん池

那須高原の標高一覧 gif
那須高原の標高一覧

那須高原のとちぎの景勝100選

gif

八幡のつつじ群落 栃木県景勝100選 八幡ツツジ群落
沼ッ原湿原 栃木県景勝100選 沼ッ原湿原
深山ダム 栃木県景勝100選 深山ダム
殺生石 栃木県景勝100選 殺生石
那須岳 栃木県景勝100選 那須岳
那須展望台からの眺望 栃木県景勝100選 那須展望台からの眺望
那須街道の赤松林 栃木県景勝100選 那須街道の赤松林
駒止の滝 栃木県景勝100選 駒止の滝


当サイトは個人で運営する非営利サイトです。
(詳しくは「このサイトについて」のページに記載しております)
収入源を持たないというその性質上、独自ドメインもないFC2の無料ホームページのサーバーを使用して作っている貧乏サイトでございます。

何故にそんな一銭にもならないサイトを運営するのか?
という質問もいただきました。
この種のサイトは通常は旅行の大手サイトや町の観光御用達、個人でしたらお小遣い稼ぎの為にアフェリエイトなどをするのが普通ですが、そうしますと地元の人間でも絶対行きたくない観光施設を「大変素晴らしいです」などと「ごじゃっぺ」(真っ赤な嘘)をつくはめになったりしますので一切しがらみをつくらず、阿ることのない本当の那須を紹介したいというのがこのサイトの目標です。
ブログは別としてこのような無報酬のサイトなど新規参入はありえませんから、なんとか頑張って続けたいと思っております。
そのひとつの理由としては安愚楽牧場事件のようなものを那須を利用して二度と起こしてほしくないこと。
安愚楽牧場というのは1980年頃いきなりどこからか那須に来てできた和牛商法の最大手です。
もちろん那須の人間などではなく、当初から私はかなり懐疑的にみておりましたが、お前のような無学でバカが運営するんじゃなく一流の経営陣がやるから儲かるんじゃ。
インターネット環境が無い中、沢山の意見が飛び交うブログなどもなく、いくつかの御用達の観光ホームページがあるだけで、そう言われれば言論の場などありません。
当時のインターネット以前の時代の趨勢としては、へたな事をいえば名誉毀損で訴えられかねない、という時代背景。

後には海江田万里氏やAll About(オールアバウト) をはじめ、楽天その他沢山の一流と言われる雑誌なども有利な投資として紹介したりしましたから、私のようなへなちょこがなにを言っても信じてもらえません。
しかし結果は豊田商事事件を上回る史上最悪の4200億円もの被害をだす大事件となってしまいました。
結果的には、詐欺では立件できなかったようですが、内容は完全なただの自転車操業のインチキ会社でした。
これが詐欺じゃなかったら、一体詐欺事件とはどういう事なのかと考えてしまいます。

金余りの日本で1億円を1年間銀行で預金したところで利子は1万円ぐらいです。
そこから税金がひかれるわけですから実質は数千円にしかなりません。
そのような状況下で出資法により利率は明示できなかったようですが、約5%ぐらいの配当がつくなどヘッジファンドでもありもしない和牛では考えられません。
なんでそんな高い配当を払ってお金を一般人から募る必要があるのか、銀行に金が余って貸す処がなくて困っているのに何故銀行から借りないの?
そんな当たり前の事も、お金を稼ぐ事が前提のサイトでは個人的にはおかしいと思っても言えるはずがありません。
大本営発表だけでなく自由に地元人の感覚として言いたい事を言うためにはしがらみを作ってはいけません。
もちろん誹謗や中傷はしません。

そんな理由で、どこにもしがらみを作らず、おかしいことはおかしいと言えるサイトであろうという意図で運営しております。
観光文学だけではなく、那須には自由な言論がある一つの形として捉えて頂ければ幸いでございます。
BeNasu那須高原の歩き方 管理人 2016年2月7日
inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system