BeNasu那須高原の歩き方
BeNasu 那須高原の歩き方

gif

湯野上温泉駅ライブカメラ gif
下郷町ライブカメラ

養鱒公園駅(ようそんこうえんえき)から湯野上温泉駅まで

gifgif

会津鉄道

アテンションプリーズ

会津鉄道は福島県会津若松市に本社を持つ、会津のローカル色たっぷりの第三セクターによる単線鉄道です。
首都圏からも相互乗り入れで喜多方・会津若松〜浅草・新宿を4時間弱で結んでいます。
風光明媚な鉄道として大変人気の路線です。

今回は那須高原からぶらり旅、養鱒公園から湯野上温泉駅までの風景を楽しみましょう。
観音沼森林公園から、美しいダケカンバの道をまっすぐ7Kmほど下って突き当りが養鱒公園駅です。

会津鉄道
どこから乗っても素晴しい鉄道なのですが、私はいつも養鱒公園駅から湯野上温泉駅まで乗ります。
理由ですが養鱒公園駅は無料で車が止められて、湯野上温泉駅からバスで大内宿に向かうのも風情があってとても良いからです。
gif
養鱒公園は那須の裏側です。
駅数は5つ、距離は17kmで約30分の郷愁の会津鉄道の旅です。

養鱒公園駅はかわいいログハウスの無人駅です。
いつも先頭に貼り付いて運転気分で線路と風景を眺めるのはやめられません。
ちょっと、こっ恥ずかしいですが子供といっしょです。
ワクワクしますね。

会津鉄道

会津鉄道でバック・トゥ・ザ・フューチャー

 you tube gif you tube gif

 you tube gif  gif  

会津の山々が綺麗です。
この山間の大川沿(阿賀野川)いの渓谷をノンビリと、会津のデロリアンならぬレトロな会津鉄道に乗ってどですかでん、どですかでんと走っていきます。

車窓のすぐ下を線路沿いに大川の清流が流れていて目を楽しませてくれます。
このローカル感がいいです。

なんかバック・トゥ・ザ・フューチャー のように時間が戻っていくような気がします。
目の前に鉄橋が見えてきました。

会津鉄道

渓谷沿いですから鉄橋が多く、どですかでん、どですかでんという音が鉄橋を渡ると少し調子が変わるのが楽しいです。
模型では味わえませんね、本物は素晴らしいです。
会津下郷は大川沿いに温泉や古い民家が点在する人口6000人あまりの町です。

会津鉄道

大川(阿賀野川)の眺めです。
会津下郷の駅の手前の風景。
一帯が秋の紅葉で色付いています。
左端に見えるレンガの建物が下郷町役場です。

会津鉄道

まるで秋と鬼ごっこをしているような光景です。
錦秋に色付いた木々が車窓を流れていきます。
時速300Kmの車窓からは決して見ることの出来ない、ゆっくりとした時間が木漏れ日の中に走っていきます。

会津鉄道

gif 国の天然記念物にも指定されている、名高き塔のへつり付近です。
100万年の時が岩を削り取った自然の造形美です。

会津鉄道

懐かしい日本の原風景が広がっています。
ボーッというディーゼル機関車の汽笛がなんとも町並みと良くあいます。
タイムマシンの車窓から景色を眺めているようです。

会津鉄道

湯野上温泉駅です。
温泉街として有名ですが、大内宿への玄関口でもあります。
茅葺きの駅は旅への郷愁を誘います。
忘れがたい駅です。

私達の住む北関東と東北の玄関である福島県は、沢山いいものが採れる地域なのですが、特産物をブランド化するのが下手な日本有数の地帯です。

ワースト3が栃木県、群馬県、茨城県で、福島県はちょい上ぐらいの不器用な人間の多い地域ですが、人情は厚いです。


養鱒公園から湯野上温泉駅まで片道520円(普通列車)です。
会津下郷町の駅数は6駅。

養鱒公園 ー ふるさと公園 ー 弥五郎 ー 会津下郷 ー 塔のへつり ー 湯野上温泉 です。

今どき遊園地のジェットコースターに乗っても1000円ぐらいはしますから、是非スローな旅を味わってみてください。

会津鉄道

 

那須高原からの小さな旅

 you tube gif  gif

gif

ドライブ 那須高原から会津下郷にドライブ
大内宿 那須から大内宿

gifgif

gif

gif 過ぎ去ってしまってなかなか見ることができなくなった風景を、わざと時間をかけてぶらり旅してみるのもいいものです。

この曲は失恋の感傷旅行の歌だと思っている方は多いですが、そういう意味の歌ではありません。
松本伊代ちゃんのセンチメンタルジャーニーとはちょっと違います。

I Never thought my heart could be so yearny「こんなに恋しいとは思わなかった」という忘れがたき郷愁にかられて故郷へと列車で旅する歌です。

日本の唱歌にあるような、志を果たしてふるさとに帰る歌とは違い、多分なけなしのお金をはたいて切符を買って、成功とはいえなかった人生から、忘れがたき古里に帰る歌なのです。
少しほろ苦い、涙とともに人生を味あった事のある大人でしかわからない、ビタースイートな歌です。

「なつかしい」という日本人の感覚を正確に訳する英語はないといわれますが、郷愁という気持ちは万国共通なのでしょう。
那須高原からとっても近い、小さなセンチメンタルジャーニーです。

会津鉄道

観音沼森林公園や猿楽台地がある養鱒公園駅です。
那須の白けむりを望む駅です。
会津下郷町は那須のすぐ裏側で、難工事であった甲子トンネルの開通や、高額な通行料金が必要だった那須甲子道路が無料になりとても身近になりました。

gif

会津鉄道

gif 那須高原は首都圏や仙台など大都市からJR東北本線を利用して、アクセスできる大変便利な場所ですが、あまりに高速化した鉄道は便利な反面、旅情などは感じる間もなく到着してしまいます。

会津下郷町は那須の裏側で少し足を伸ばせば、お仕着せでない自分のオリジナルの旅を作れる場所でもあります。
豊かな自然の中、日本のふるさとの原風景が広がっています。

リニアモーターカーや新幹線などとは真逆のベクトルですが、のんびり時間を使うのも悪くありません。

gif

会津鉄道

会津下郷駅です。

会津鉄道

塔のへつり駅。
降りてすぐ塔のへつりの見学ができる便利な駅です。
鉄橋ありトンネルあり、変化にとんだ鉄道です。
普通列車ですがなかなか豪華な車内です。

会津鉄道

こちらはお座敷列車。
ノンビリしたものです。

会津鉄道

日本で唯一の茅葺きの駅湯野上温泉駅です。
那須湯本から約40Kmの距離です。

会津鉄道

駅の中には囲炉裏が切ってあります。

会津鉄道


駅の横には「親子地蔵の湯」という足湯があり、鉄道を利用しない人でも愉しむことができます。
もちろん無料です。
gif 列車が出発する度にホームで手を降って見送ってくれる駅員さん。
湯野上温泉の女将さんなども沢山見送りに来ていました。

gif 人の出会いは一期一会と申しますが、もう多分会うことのない人たちが、精一杯の笑顔で見送りをしてくれる光景は、希薄になった人間関係が、一瞬あたたかいふるさとの人々の見送りのような錯覚を覚えます。

会津鉄道

ふっと立ち止まって心の声に耳をかたむけてみましょう。
遠くからあなたを呼ぶ声が聞こえてくるかも知れませよ。
会津鉄道はいつでも優しくあなたを迎え入れてくれる、故郷行きの乗車券です。
inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system